注意点

慰められる

性病治療薬には、それぞれ併用してはいけない薬があります。
クラビットのジェネリック医薬品、レボフロックスでは、「非ステロイド系の鎮痛薬」との併用が禁止されています。
もし、非ステロイド系の鎮痛薬と一緒に服用してしまうと、身体に大きな負担がかかり、痙攣を起こす可能性があります。

レボフロックスを服用する際の注意点はこれだけではありません。 Read more »

副作用

悩む男性

レボフロックスは、他の性病薬よりも副作用が少ない事で有名です。
しかし、副作用が全く見られないという事はなく、稀に副作用を発症させる患者もいます。

レボフロックスで見られる副作用は、「不眠」、「めまい」、「頭痛」、「火照り」、「胃痛」等です。
ジェネリック医薬品とはいえ、薬に含まれている成分はクラビットと同様なので、こうした副作用が見られる場合もあります。 Read more »

服用

薬と水

クラミジアや淋病といった性病を改善させるジェネリック医薬品、レボフロックスは、症状によって服用量が変わります。
基本的には1日に1回の服用(250mgを2錠)で病気を改善させますが、病状がかなり進んでいる場合は500mg以上のレボフロキサシンが必要です。

レボフロックスの服用期間は、患者によって異なりますが、一般的には1週間服用すると病気は改善されます。 Read more »

後発医薬品

処方してもらう

性病を改善させる薬は、主に「クラビット」、「ジスロマック」、「ケフレックス」の3種類が処方されています。
この中でも多く処方されているのが、クラビットであり、クラミジアから尿路感染症、淋病、前立腺炎、膀胱炎といった様々な病気を改善させる効果があります。

クラビットには「レボフロキサシン」という成分が含まれており、高い抗菌力が見られます。 Read more »